こ の 子 で す

おや?桜さんってば、こんなところにいたの・・・。
d0171039_10513841.jpg

新しいMMD日娘モデルが投稿されていて。
これは答え出たんじゃね?
いや、私の主観で言い切ってはいけませんでしたね。
ごめんなさい。言い変えます。

「私の中の本田桜さんは、間違いなくこの人です。」

最高にちょうどいい本田桜
エコノミー会員なので画質が良くなくてはっきり見えないのが残念ですが、噛り付いて見ながら一生懸命マネして描きました。
これからこの子の出番が増えてくれたら嬉しいです。
はぁかわいい。夢に出そう。夢で逢いたい。



蹴られても蹴られてもなお蹴られに行くという気持ちよさ
d0171039_1051473.jpg

一騎当千がかっこいい。
自ら足元に入り込んでわざわざ蹴られに行くカメラ、大好きだ!
後半の衣装チェンジも気持ちいいね。
やっぱりこの人かっこいいわ。
3人のモデルもそれぞれ1番好きなモデルばっかりで嬉しい。



ところで④まで描いて行き詰っている日帝召喚シリーズですが、諦めきれずまだしつこく展開を練ってます。
日帝→大英帝国様を回想シーンで入れたいけど、日英同盟時代が勉強不足でよくわからん。
「坂の上の雲」を読んだことがあるだけで、それ以外の知識がさっぱりで雰囲気だけの日英になりそう。

「坂の上の雲」といえば、司馬遼太郎が好きすぎてこれまで何冊も読んできたんだけど、うん、まあ、とにかくお薦めです。
どこがいいかと言えば最高にどこもいいんだけど、あえて一言で言うなら「いい男がいっぱい出てくるから」というところでしょうか。
司馬大先生は萌えをよくわかってらっしゃるのでとにかくみんなキャラが立っててカッコイイ。
かっこよくない人でもカッコイイ。
主役を張るヒーローは言うまでもなく、名もなき剣士とかのモブ達までカッコイイ。
例えば「坂の上の雲」の日露戦争最後のバルチック艦隊との日本海海戦でのロシア海軍兵士たちの描写。
「ロシアの戦艦アリョールは士気高く、砲員たちは動作の隅々まで闘志をみなぎらせ、どの男も生まれながらに神がそのように作り上げた理想の戦士のようであった。」

どの男も生まれながらに神がそのように作り上げた理想の戦士のようであった!!!

もう・・・カッコ・・・カッコイイ・・・のた打ち回るほどにカッコイイ・・・。
ハァハァ、こういう司馬遼太郎の筆がね、もうね、たまんないのよ。
自分で打ち直しててまたもだえた。
とにかくこんな感じでいい男が沢山出て来るし、思っているほど内容も難しくないのでまだ読んだことない方はぜひお勧めします。
初めて読むなら「竜馬がゆく」「世に棲む日日」あたりがおススメです。
特に「世に棲む日日」は一本気な童貞吉田松陰先生始め、後半は神出鬼没のエキセントリック高杉晋作が暴れまわります。そしてあっけなく死にます。最高です。

司馬遼太郎が好きと言うと決まって「司馬史観が~」「史実とあってない~」とか言う人がいるのですが、気にしない。
逆に「お前は歴史研究家か。じゃあよっぽど詳しいんだな。ごくろうさん。」と言い返したいです。
言い返したことないけど。
司馬遼太郎の初期の作品はかなりファンタジー色が濃いのですが(坂本龍馬や土方歳三が、イイ女を絵に描いたような美人な恋人とイチャイチャしてるwww)、後期に行くにつれて参考資料が膨大になり史実に近いものになっているらしいです。
ちなみに私にはそれすらわかりません。
でも「武士の家計簿」を書いた歴史家の磯田道史氏のエッセイに「だいだいあってる」と書いてあったので、たぶんホントにだいたいあってるんだと思うよ。
でもさ、歴史の勉強がしたかったら山川出版社の日本史を読んでいればいいわけで、歴史を楽しむために歴史小説を読むのだから、こまけぇこたぁ気にしなくっていいんだよ。
読んで面白くてページをめくる手が止まらないような読書体験をさせてくれるのが、私にとっては司馬遼太郎なのであります。  

とにかく私は好きです。
中学生でも十分に読めます。
軽率に手に取って、ページをめくってもらいたいですね。
[PR]
by ookuma-koguma | 2015-05-27 12:08 | イラスト・リクエスト | Comments(0)

画像と文章は全て転載禁止です。


by ookuma-koguma
プロフィールを見る
画像一覧