萌えるどころか撃沈・・・

少し前に書いた本の話。

『愛と暴力の戦後とその後』赤坂真理
に「戦後の日米関係の妖しさを国対国でありながらあえて性的に男女に例えている・・・」というところがアル桜じゃーーん。読みたい読みたいーって書いたのですが、
同じ赤坂真理の『東京プリズン』を図書館で借りて読んでみました。
その中にありましたよ。米日を男女に例えた箇所が。

以下、引用します。(中略あり)
ちょっと長いので興味のない方は飛ばしてください。下の方に絵があります。


なるほど私の国の人達は、戦争が終わって、女のように振る舞ったのではないかと。
男を迎え入れる女のように占領軍を歓迎した。
多少の葛藤はあったにせよ、相手にたいして表現せず、抵抗もみせなかった。
それどころか、占領軍を気持ちよくするためのことが、公にも個人レベルでも行われ、事実、日本人は占領軍と仲良くやった。
まれに見る睦まじい占領だったのではないか。
男がやって来たら、女としてもてなした。
日本は男ではない…この感じは今でも続いていて、国内にある米軍基地だって、基地をめぐる政府の態度だって、そうだ。
米軍のためには、おもいやり予算ってものまである。
日本の学校では習わない。
大人たちはそれを恥じていたからでしょ?恥じながらかつての敵をもてなした。
決して武士のようではなく、男を迎える女のようにサービスした。
それを戦争を知らない私たちでもどことなく感じ取っている。
戦争に負けたのはいい。
しかたない。
だけれど、自分を負かした強い者を気持ちよくして利益を引き出したら、それは娼婦だ。
続く世代は混乱する。誇りがなくなってしまう。
だけれど、他にどうすればよかったかと問われたら、わからない。
援助を拒んで飢え死にすればよかったのか。
暴動を起こして血を流せばよかったのか。
そんなことは望んでいない。
そんなことがあったら、私だって生まれていなかったかもしれない。
私が彼らの世代や立場でも同じことをしたかもしれない。
でも、でも。




とても私のイメージに近いです。
米日が未だに全然対等でない感じが。
米軍が他の国でどうふるまったかは知りませんが、占領下の日本統治には戦中に日本と戦った前線の兵士達は本国に帰され、日本と関わっていなかった兵士への配置転換があって、日本に対して敵意が少ないアメリカ人が職務に就いたらしい。
敵意を持たない相手には統治される側が敵意を持ちにくいからだそうですが、こういうところアメリカはほんっとにうまいよね。憎たらしいくらいに。
敵意むき出しのアルフレッドはアメリカに帰り、後から優しい笑顔を張り付けたアルフレッドがやってきて無抵抗な桜を好き勝手に扱う様が想像できましたよ。
でも「娼婦のように迎え入れた」って言われるとさ、ま、その通りなんですけど、はっきり言われるとちょっとヘコムっていうか。
うん。そのとおりですね。
娼婦のようにもてなしたおかげで利益を得た反面、日本の誇りはなくしてしまいましたね。
「やったぁ、アル桜じゃーーーん」と萌えたのもつかの間、娼婦と言われて撃沈してしまいました。


皆様ももし興味がおありだったら読んでみてください。
主人公はアメリカ留学中の16歳の女子高生で、同じ学校のスター的存在の金髪碧眼イケメン男子にレイプ未遂されたり、親切で理解がある先輩男子と一緒に勉強したり、「天皇の戦争責任」についてディベート大会で対決したりします。
誰もが面白がれるような内容ではないので強くお勧めはできませんが、ヘタリア好きならこういう本もいいんじゃないかと思います。


と、こんな本を読んで撃沈しているところで、読む前に自分が描いていた絵がとっても不謹慎な気がして、もうどうしようこの絵・・・(-_-;) って思いましたが、思っただけでした。

ふたりとも半裸です。
暑いですからね、脱ぎましょう。脱いでいきましょう。
↓スクロールしてご覧ください。見たくない人はここまでで。





























d0171039_9454848.jpg

「や、やめましょう?ね?今ならまだ間に合いますから・・・。」
もう遅いにきまってるだろ



d0171039_9473716.jpg

本当はもっとアルの体を舐め回すように描きたかったのですが、これからって言うときにペンタブが利かなくなるというお約束。
「あーーーもう、なんでだよーーー!」
と怒る私に
「もういいかげんにしろ」
と天の声が聞こえてきたのでもうここまでであきらめました。
描くときに参考資料に男性のヌードの写真を探したのですが、なかなか理想的な身体って見つからなくて手間取りました。
いつもお世話になっている写真サイトではムキムキの男性の写真が多くて、う~んなんか違う。
あんまりムキムキだとゲイっぽいのはなんでかな・・・。
先月連載していた日帝シリーズを読み返したらアルの体を失敗していて、どうして描いている間に気づかなかったのか後悔しています。
何がダメだったかと言うと、体が19歳に見えない。
二十歳前後の身体って水をかけたらパッとはじくような身体なんですよ。男も女も。
筋肉にしろ脂肪にしろ伸びしろがあるっていうか、もっと膨らんでいく予感を感じるような、ね。
そういう若い身体を意識して描かなかったから日帝漫画のアルなんかすっごいオッサン臭い身体をしていて、あああもったいなかったな~って思ってます。描いてる途中だったら修正できたのに。
というわけでリベンジしてみました。
19歳に見える・・・かな?う~ん。
[PR]
by ookuma-koguma | 2015-07-19 10:13 | ヘタリア | Comments(0)

画像と文章は全て転載禁止です。


by ookuma-koguma
プロフィールを見る
画像一覧